車の外装塗装の様々な方法の紹介

車のドアを開けるために鍵を差し込もうとしたら、誤ってぶつけてしまい、傷ができたなどといったことは日常的にあることです。引っ掻いたようなごく浅いものなら、市販のペン型の塗料で、上から線を引くようにしてやれば目立たなくなります。また、それよりも深くて大きいというのなら、そのまま塗装したとしても、凹みがあると角度によっては再塗装したことがわかって、見栄えが悪くなるのです。そこでえぐれた部分を埋めなければならないので、パテという粘土を使い、手で触ってみて段差がわからなくなるまで、サンドペーパーで削っていきます。そして中性洗剤を水で溶かし、それをスポンジにつけて洗っていき、油分を取り除けたら、十分に乾かした後に塗装して、表面を保護する塗料を使っておけば完成です。

塗装した場所を目立たなくする方法について

例えば車のバンパーの一箇所だけを塗装すると、そこだけ浮き上がって見えてしまう場合があります。これは周りの塗装がわずかに色落ちしたためで、そんな時はボカシ塗装というやり方をしておくことをおすすめします。通常の塗装とほとんど同じなのですが、違いは作業工程の中で専用の液を混ぜ込み、境目をわからなくするのですが、それにもいくつかの方法が存在します。塗料にボカすための溶剤を入れて丁寧に撹拌した後、それを吹きつけて乾燥させ、最後にクリア塗料を塗るというものですが、比較的新しい車には適しています。その反面、周囲の色が劣化している場合は、うまくいかないことがあるのです。そんな時は塗装の保護と光沢を出すためにウレタン塗料と呼ばれるもの使うのですが、そこにボカシ剤を入れて塗っておけば、慣れていない人でもきれいに仕上げやすいです。

全体を美しく塗っておくためにやっておくこと

全塗装というものがあり、これは先に説明したよりも少し手間がかかりますし、慎重に行う必要が出てきます。時期には注意が必要で、暑かったり逆に寒いというのであれば、難易度が格段に上がるので、自分が心地良いと感じるようなタイミングで作業しておきたいものです。理想は古い塗装をすべて取り除くことですが、とても大変なので、表面だけを削り取っておくと手間を省けます。目安としては光が反射しないかどうかで、顔が映らないなら成功です。その後一回洗ってきれいにして、塗料の食いつきを良くする下地剤を満遍なく振りかけます。コツは一度でやるのではなく、三回程度に分けておくとムラなくできます。好きな色に塗装して、保護するための透明の塗料を使い、好みに合わせて表面の凹凸を平らに削れば良いでしょう。