人気でおすすめの車の外装塗装技術の紹介

平垣などにこすってしまった際に付いた小傷の補修については、カー用品店などで販売されているメンテナンス用品を活用して個人でも補修することができます。小傷補修はコストとしてはとても安く簡単に済ませる事ができるため、一番経済的なメンテナンス方法となっています。小傷の補修方法としては、ペンタイプ塗料での補修や、あるいはスプレー塗料を活用した補修方法があります。初心者向けの補修方法としてはペンを活用した補修方法が手っ取り早くオススメです。補修方法はキズ部分にペンで塗料を塗るだけですが、キズ部分の周囲をマスキングテープで覆って、傷が付いていない部分には塗料が付着しないように配慮した上で塗装を行うとより綺麗な仕上がりにする事ができます。ペンはホームセンターなどでも販売されていますが、クルマの型番をしっかりメモして自分のクルマに適した品番のカラーを購入するようにしましょう。

板金塗装として活用できるスプレータイプ

スプレータイプの塗料は大きなキズやヘコミにも対応する事ができる便利な塗料ですが、塗装範囲が広くなってしまうと一般の人での修理は難しく敷居が高いメンテナンスとなります。そのため最初は目立ちにくい小さな範囲で練習してからにしましょう。ヘコミがある場合にはパテで穴埋めをしていきます。ボディーがへこんできる部分に専用のパテを活用して埋めていき、パテが固まったらスプレーで塗装していきます。詳しくはカー用品コーナー店頭の解説ビデオか、メーカーのホームページで修理方法を参照してみましょう。この方法は一般の板金塗装工場でも行われているメンテナンス方法に近い方法となっており、上手く仕上げる事ができれば車のボディーへのキズやヘコミにも手軽に対応しやすくなります。低コストで広範囲に渡って補修することができるため経済的なメンテナンス方法のひとつです。

困った時には車板金塗装のプロに依頼

塗装は失敗してしまうとやり直しがきかないほか、目立つ部分へのキズは個人作業では補修が難しい場合もあります。こうした場合にはやはりプロに作業を依頼して補修をする事が望ましいと言えます。一般的には塗装する範囲が広ければ広いほど金額は高額になる傾向があるため、事前に相談してみましょう。またボディーの金属部分の地金が見えている場合には、雨などに濡れることによってそこから錆が広がってしまう事があります。錆が広がると正常に塗装がされている部分にまで侵食してしまうことがあるため、できるだけ早めに修理を依頼するようにしましょう。塗装は自動車板金塗装専門の工場に依頼するのが無難で、もしわからない場合にはかかりつけの最寄りの自動車整備工場に相談をしてみましょう。信頼できる板金塗装店を紹介してもらう事ができる場合もあります。